四国八十八ヶ所霊場奥の院 高知県       
24番 最御崎寺奥の院 一夜建立岩屋 24番 最御崎寺奥の院 四十寺 26番 金剛頂寺奥の院 池山神社 26番 金剛頂寺奥の院 不動岩
27番 神峰寺奥の院 神峰神社 28番 大日寺奥の院 爪彫薬師 29番 国分寺奥の院 毘沙門堂 30番 善楽寺 奥の院 安楽寺
31番 竹林寺奥の院 船岡堂 32番 禅師峰寺奥の院 薬師寺 33番 雪渓寺奥の院 御座大師 33番 雪渓寺奥の院 中谷堂
34番 種間寺奥の院 本尾山 35番 清滝寺奥の院 閼伽井の水 36番 青龍寺奥の院 波切不動 37番 岩本寺奥の院 矢負地蔵
38番 金剛福寺奥の院 白皇神社 38番 金剛福寺奥の院 白皇山 39番 延光寺奥の院 南光院
27番 神峰寺前札所 養心庵 30番 善楽寺元札所 土佐神社  37番 岩本寺元札所 高岡神社 38番 金剛福寺前札所 真念庵
番外札所 月山神社

徳島県の奥の院へ

高知県の奥の院

愛媛県の奥の院へ

香川県の奥の院へ




第24番札所 最御崎寺奥の院   四十寺
正式名 四十寺山 四十寺
本  尊 十一面観音
開  基
創建年
別  称
所在地 高知県室戸市室津山田
電話番号
距  離 最御崎寺--9.5km
他の札所
納経所 納経

四十寺のお堂には十一面観音と脇侍の地蔵菩薩、薬師如来の三尊が奉られている。南路史や土佐州郡志によると、ここにはかつて最御崎寺があり、山上には山名の由来ともなった四十の寺があったという。しかし中世以降、最御崎寺が室戸岬に移った後は、忘れられた信仰の地だった。それゆえ、今でこそ再び脚光を浴びる奥の院の境内に、せいぜい古のものといえば藩政時代の燈明台や苔生した自然石の手水鉢ほどで、真新しい弘法大師の石像が異彩を放っている。
そのお堂の裏には小さな祠があって「室戸岬権現、宝暦二」と刻まれた古い石仏(石神)が祀られている。この宝暦二年(1752年)の自然石は四十寺山から近年になって出土したものだといわれており、この祠のある小高いピークが四十寺山の山頂とおぼしい辺りで、傍らの立木には山名板も下げられている。
入口 道標 四十寺
堂内 大師像
全景 大権現

ページのトップへ

inserted by FC2 system